和装
和装

白無垢
\50,000〜
日本の花嫁衣裳として長い歴史をもつ打掛。
その中でも最も正式な衣裳です。
打掛、掛下、帯、小物のすべてを白で統一した衣裳であり
本来は晴れの日に着る“神事の装い”の意で“清浄”を表します。
最近では「嫁ぎ先の家風に合わせてどんな色にも染まります」という意味もあるようです。

和装
和装
和装
色打掛

色打掛
\50,000〜
すべてを白で統一した白無垢に対し、色打掛は
白、黄、ピンクの掛下に鶴、亀、鳳凰、宝尽くし、松竹梅、御所車
などの吉祥模様を刺繍した打掛や、金銀箔や刺繍で吉祥文様を施した打掛
を言います。
最近は神前結婚式の人気により、打掛姿の花嫁様もよく見かけるようになりました。

色打掛
色打掛
色打掛
引き振袖

引き振袖
\150,000〜
引き振袖は江戸後期から昭和初期までの一般的な花嫁衣裳でした。
平成に入りその人気が復活し、クラシカルでモダンな雰囲気を持った
花嫁衣裳となっております。

引き振袖
引き振袖
親和装

新和装
\80,000〜
掛下の上に透明感のあるオーガンジーを羽織った
今までにない和装のスタイルです。
掛下やオーガンジーを替えることにより様々なバリエーションが
可能な衣裳です。

十二単

十二単
\600,000
宮中のご成婚に用いられる衣裳でありますが、
正式には「五衣・唐衣・裳の服」(イツツギ・カラギヌ・モのフク)と言います。
平安時代、宮廷貴族の間で執り行われてきた結婚の儀は、
現在も皇室の御婚儀に受け継がれています。
神社で伝統的な神前式を行う場合は、衣裳にも伝統的な十二単を選んでみてはいかがでしょうか?

十二単
十二単
十二単